現在地

SBC6809 (その2:PICに書き込めない)


テーマ:

カテゴリー:

前回書いたようにPIC12F1822と2764の書き込みをしなくてはこれ以上の動作確認ができません。2764は問題ありませんが、PICの書き込み環境がありませんでした。基板購入時に手配してあった機材をセットアップします。

PICkit3(のコンパチ品)
私はAVR派なのでPICの使用頻度は低いだろうということでAliExpressで値段優先で購入したのですが、案の定届いたのはコンパチ品でした。

外観はそっくりなのですが、ロゴのところが違っていますね。

ターゲット基板にコネクタをつける前提(デバッガとして使うなら当然)ですが、今回は基板にコネクタはないのでそのままでは書き込めません。

書き込み用基板
親切なことにこのような書き込み用ソケットの基板が付属していました。

下のコネクタにPICkit3を接続します。が何も説明書のようなものが入っていません。幸いシルクで信号名が書かれているのでそれを頼りに接続します。PICkit3側の配置は以下のようになっているので▼マークをMCLRに合わせて挿せば良いようです。

ピン 信号 備考
1 MCLR/VPP Power
2 VDD_TGT Power on target
3 GND Ground
4 PGD Standard Com Data
5 PGC Standard Com Clock
6 PGM Low Voltage Programming

最後の6ピンのPGMは未接続になりますが構わないようです。

8ピンのPIC12F1822は40ピンのソケットのどこに挿せばよいのでしょう?

ジャンパピンの設定は?

裏側
裏面のこれがマニュアル代わり。挿入位置が半端なので注意しないとずれてしまいそうです。

これで準備はできたようなので新品のPIC12F1822を挿してブランクチェックをしてみたのですが、デバイスを認識できないのです。

念のためデータシートを参考にデバイスのピンとコネクタ間の導通チェックもしてみましたが問題無さそうです。

やはりPICkit3が怪しいのかな。

参考文献・関連図書: 
PICkit 3 プログラマ/デバッガ ユーザガイド, Microchip Technology.
PIC12(L)F1822/PIC16(L)F1823データシート, Microchip Technology.

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。