現在地

TI TL7700


テーマ:

カテゴリー:

最近では大物の出土は滅多にありません。今回のも超小物ですね。

TL7700CP
Texas InstrumentsのTL7700CP、電源監視回路いわゆるリセットICです。

「J345A」がデートコードなのですが年が1桁なので1983年なのか1993年なのか不明です。さすがに1973年ということは無いはずですが、2013年というのは可能性あるのかな。

トランジスタ技術1983年6月号に『電源電圧監視用IC TL7700シリーズ』という記事がありました。確認したら今でも製造販売されているので息の長いデバイスですね。

プライベートではこの手のICは使わずにC,R,Dで済ませてしまうことが多かったですが、なぜか持っていたようです。

かすかな記憶では正負両論理の出力があったようなのですが、データシートを確認すると負論理のみでした。念のためトラ技の記事を確認すると記憶の通り正負の出力があります。

どういうこと?

種明かしをすると記事では「TL7700シリーズ」としてTL7702, TL7705, TL7709, TL7712, TL7715について書かれていたのでした。これらは確かに正負両出力があります。データシート上も「TL77xxA」(A付きしか見つけられませんでした)となっています。

一方、TL7700は別物でこちらは負論理出力のみです。ピン配置も単に正論理出力がNCになっているわけではなく、大きく異なっているので要注意です。

TL7700シリーズにTL7700が含まれないなんでなんとややこしいのでしょう。

ちなみにTL7700もTL7700シリーズも8ピンなのでリセットのためだけに使うのはちょっと大げさかもしれません。

参考文献・関連図書: 
TL7700データシート, SLVS220G, Texas Instruments.
TL7702A,TL7705A,TL7709A,TL7712A,TL7715Aデータシート, SLVS028K, Texas Instruments.

コメント

TL7702/05/09/12/15はTIドイツで設計開発された製品だったが、初期設計時のバグで検出電圧のヒステリシス幅の温特が不安定(高温になるとヒステリシス幅がむやみに広がり、正常なリセット動作が出来なくなる)という問題が発見されたため、改訂版として「A」バージョンを量産リリースした。一方TL7700は日本TIによる純国産設計・製造製品であり、従来のTL77xxシリーズを更にローパワー・高耐圧化・アジャスタブルにした製品で、量産リリースは1983年である。従来のTL77xxシリーズが汎用バイポーラプロセスで耐圧が18V程度だったのに対し、TL7700ではBipolar+DMOSプロセスを採用し、耐圧も60V以上あった。

詳細な経緯ありがとうございます。
それでTL77xxのA無しの情報があまり無いのですね。それにしても紛らわしいのは既存の部品群を代表するような型番を単品につけたTIの命名なのか、TL7700が存在するのにTL7702/05/09/12/15をまとめて「TL7700シリーズ」としたトラ技のタイトルなのか。同じ1983年なのでTL7700の存在を知らずにタイトルが決まった可能性もありますね。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
※ コメントは原則公開です。個別のご相談などは「ご意見・ご要望」からお願いします。