現在地

FNW-9800-T と FNW-9802-T


テーマ:

カテゴリー:

よく似たネットワークボードが2枚まとめて出てきました。

FNW-9800-T
まずは1枚目、FNW-9800-Tです。幸いマニュアルはまだ公開されており、日付から1999年の発売と思われます。

コントローラはADMtekのAL981というもの、残念ながらこれのデータシートは見つかりませんでした。

左のHSIP-005は絶縁のパルストランスですね。右端にはブートROM用と思われる32ピンソケットがあります。他にはMACアドレスなどのEEPROM 93LC46も見えますね。

典型的なPCIのネットワークボードです。

ブラケット
ブラケット部は8P8Cのコネクタ以外にLEDが三つ。

  • LK/ACT (Link / Active)
  • 10/100 (10BASE / 100BASE)
  • FD/COL (Full Duplex / Collision)

FNW-9802-T
もう1枚は同じくプラネックス製のFNW-9802-T、やはりマニュアルからは2000年の発売のようです。

コントローラはやはりADMtekのAN983が使用されています。AN983Bのデータシートはあったのですが...

上のAL981もそうでしたが、「for PCI」とマーキングされています。「PCI」はプラネックスコミュニケーションズのロゴになっているのでPCIバスの意ではありません。数量が多かったからなのか、両社が特別な関係だったのか。

こちらの方が新しいはずなのにROMソケットは28ピンに減っています。まぁブート用には1Mbitもいらないので28ピンで十分だとは思いますが。

ブラケット部の配置は刻印の一部「10/100」が「SPD」に変わっている以外は一緒です。

この2枚も一度も使っていないようです。ジャンク扱いで買ったのではないかな。PCIバスだし、今後も使うことはまずないでしょう。

参考文献・関連図書: 
FNW-9800-Tユーザーズマニュアル, プラネックスコミュニケーションズ.
FNW-9802-Tユーザーズマニュアル, プラネックスコミュニケーションズ.
AN983B/AN983BLデータシート, ADMtek.
AN983B/BXデータシート, Infineon Technologies.

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。