現在地

82C51 USART


テーマ:

カテゴリー:

USBN9602と一緒にこれも出てきました。

TMP82C51AP-10
東芝のTMP82C51AP-10、8251 USARTのCMOS版です。「-10」はクロックの周期が100ns(10MHz)まで短くできることを示しています。
JAPAN「9644」ECIとあることから、1996年製と思われます。

前に取り上げたMSM82C51A-2のクロックは200ns(5MHz)だったのに対して倍になっていますね。

ちなみにこのクロックはCPUクロックとは直接関係はありません。これとは別にRD, WRのパルス幅やセットアップ時間などが規定されていて、こちらは「-2」と「-10」で倍もの違いはありません。
ビットレートはクロックに比例して上がりましたが、60kbps→120kbpsになってもあまり恩恵はありませんでしたね。当時パソコンレベルで使うのは19.2kbps出れば十分だったからです。

NECもVシリーズの一員として8251のCMOS版、μPD71051を作りました。「-10」の付く10MHz版と何も付かない8MHz版がありました。クロック等のAC特性は82C51の「-10」品と同程度だったと思います。

関連項目: 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。