現在地

ONU


テーマ:

今回取り上げるのは先日の光化でお迎えしたONUです。


事情により「ひかり電話」は導入しなかったので単体のONUが来ました。

嫌いではないですが、これまでのADSLモデムと比べてもシンプルなデザインですね。

UNIはイーサネット側が接続されていると点灯し、送受信中に点滅します。ADSLの時はLANとDATAに分かれていたのが一緒になったみたいです。よくわからないのが光回線と認証、物理的な接続と論理的な接続とでも考えておけばいいのでしょうか? 困りはしませんがちょっと気持ち悪い。


コネクタのカバーを開けてみました。

ファイバーに力をかけないためでしょうか、光コネクタはかなり奥まった位置にあります。

「この機器はリユースしております。」とあるのはキズなどあっても文句言うなということなのか、大事に扱ってくれということなのか。

中央のカバーの無いコネクタはACアダプタ、常時ON前提の機器なのでスイッチはありません。


右側にはラベルがありました。

沖電気製なんですね。

製造年月:19-02 というのはちょっと気になります。2019年2月ってこと、まさか平成19年ということは無いでしょうが、リユース品なのかな。


工事の時に撮った光コンセントの中。

黒いのが電柱から引いてきた光ドロップケーブル、エアコン配管の穴を通す直前で支持線を切り離しています。中でループしているのは力をかけないためですかね。以前はもっと太かったらしく写真左の穴を通るところにビニールテープを巻いていました。

穴を小さく変更してくれたらいいのにとボヤいていました。

左からだけでなく、上や下からも入れられるように穴があります。

近いうちにお役御免になったADSLモデムやスプリッタも取り上げようと思います。

関連項目: 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
※ コメントは原則公開です。個別のご相談などは「ご意見・ご要望」からお願いします。