現在地

ダウンロード

ソースコード

Universal Monitor のソースコードは以下からダウンロードできます。

HTTP

最新版は unimon-latest.tar.gz で取得できます。

過去のものが必要な場合は https://electrelic.com/unimon/src/ にあります。毎晩、subversion リポジトリに変化があった場合に tarball を生成しています。

SVN

svn checkout https://electrelic.com/svn/unimon/trunk unimon で直接 subversion リポジトリから取得することもできます。

バイナリ

ターゲットボードに合わせてメモリ配置やコンソールのドライバを変更する必要があるのでソースコードからビルドするのが基本なのですが、一部確認の取れたボード用のバイナリも用意しました。

SBC6303

最新版: unimon_SBC6303-latest.tar.gz
フォルダ: https://electrelic.com/unimon/SBC6303/

vintagechips さんの SBC6303ルーズキット用のものです。SBC6303 の詳細については vintagechips さんのブログ SBC6303ルーズキットを参照ください。スイッチサイエンス にて購入できます。

SBC6800

最新版: unimon_SBC6800-latest.tar.gz
フォルダ: https://electrelic.com/unimon/SBC6800/

vintagechips さんの SBC6800ルーズキット用のものです。SBC6800 の詳細については vintagechips さんのブログ SBC6800ルーズキットを参照ください。スイッチサイエンス にて購入できます。

SBC6809

最新版: unimon_SBC6809-latest.tar.gz
フォルダ: https://electrelic.com/unimon/SBC6809/

vintagechips さんの SBC6809ルーズキット用のものです。SBC6809 の詳細については vintagechips さんのブログ SBC6809ルーズキットを参照ください。スイッチサイエンス にて購入できます。

SBC8080

最新版: unimon_SBC8080-latest.tar.gz
フォルダ: https://electrelic.com/unimon/SBC8080/

vintagechips さんの SBC8080ルーズキット用のものです。SBC8080 の詳細については vintagechips さんのブログ SBC8080 CPUルーズキットを参照ください。スイッチサイエンス にて購入できます。SBC8080 CPUルーズキット単体では動作せず、SBC8080 SUBルーズキットも必要です。

SBCZ8

最新版: unimon_SBCZ8-latest.tar.gz
フォルダ: https://electrelic.com/unimon/SBCZ8/

vintagechips さんの SBCZ8ルーズキット用のものです。SBCZ8 の詳細については vintagechips さんのブログ SBCZ8が完成を参照ください。

MUTIF09

最新版: unimon_MUTIF09-latest.tar.gz
フォルダ: https://electrelic.com/unimon/MUTIF09/

Kasumi YOSHINO/JA1UMI さんの MUTIF09用のものです。MUTIF09 の詳細については同氏の「MUTIF09 6809 シングルボードコンピュータ 技術メモ」(BOOTHにて購入できます)を参照ください。