現在地

TL866A ROMプログラマ


テーマ:

カテゴリー:

ちょっとUVEPROMの2732Aを使う必要があって、中国製のROMプログラマ(ライタ)を買ってみました。

TL866A
MiniPRO Programmer TL866Aというものです。

40ピンまでのDIPのものはそのまま書き込み可能、それ以外はアダプタでの対応です。
ピン数の少ないデバイスは1ピン側に寄せるようになっているのがちょっと変わっていますね。大抵は反対側(UVEPROMだとGNDの側)に寄せるので、気をつけていないと間違えそう...

ホストとの接続はUSBで、写真左側にBコネクタがあります。電源もUSBバスパワーで動作するので他に電源は必要ありません。

右側にはシリアル書き込み用のコネクタがあります。

裏側
これは裏面のラベルです。

最初は手持ちのライタの改造かアダプタで対応できないかと考えたのですが、2732ってちょっと厄介なんです。

2732や27512のようにピンが増える直前のものはピン節約のためマルチプレクスになっています。それがOE/Vppピンです。このピンには書き込み時には12~25Vの書き込み電圧を、ベリファイ時には0V(Lレベル)と切り替えなくてはなりません。足りないアドレスをスイッチで補うとかの簡単なアダプタでは対応できません。

改造するのならVppのスイッチ回路の追加と書き込みシーケンスの変更になります。回路変更は大したことありませんが、ソースの無い状況でのシーケンス変更はやりたくはありません。

それで探してみると2716以降のUVEPROMのほとんどに対応し、値段も手頃だったこのTL866Aが候補になりました。1万円でお釣りが来るのでへたに作るより安いと思います。しかもGAL, PIC, AVRなんかの書き換えも可能です。

参考文献・関連図書: 
M2732Aデータシート,SGS-THOMSON Microelectronics.
M27512データシート,SGS-THOMSON Microelectronics.

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。