現在地

Z80 CPU 再び


テーマ:

カテゴリー:

Z80 CPUは以前も取り上げましたが、その後手に入れたものを紹介したいと思います。

Zilog Z8400A DSH
最初のこれはZilogのZ8400A DSHです。

私が初めて単体で買ったCPUがZ80でしたが、1983年のことなので普通に秋葉原などの店頭で売られているものは既にプラスチックDIPの時代になっていました。なのでこのようなCERDIPを入手したのは最近になってから、それも海外から中古品を探してです。

「A」はクロック4MHzを、「D」はパッケージのCERDIPを、「S」は動作温度範囲が0~70°C(つまり民生用)を表します。「H」はちょっと探してみた限りではわかりませんでした。

Mostek MK3880N-4
もう一つはMostekのMK3880N-4です。MOS Technologyという半導体メーカ(6502で有名です)と似ていますが、Mostekはまったく別の会社です。

1983年製のプラスチックDIPですね。「N」がプラスチックDIPを、「4」はもちろん4MHzを表しています。

Z80 CPUってさまざまなメーカが作っていてそれぞれ型番を付けているのでわかるものを並べてみます。

メーカ NMOS CMOS 備考
Zilog Z8400 Z84C00 Z08400,Z084C00のように「Z」直後に「0」が入っている時期もあります
Mostek MK3880
NEC μPD780 μPD70008 初期の資料には「μPDZ-80」と書かれたものがあります
Sharp LH0080 LH5080
Toshiba TMPZ84C00

これ以外にも作っていたメーカはありますので判明したものは追加していく予定です。

参考文献・関連図書: 
"Z80 Family Product Specifications Handbook", Zilog.
MK3880データシート, Mostek.
関連項目: 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。