現在地

【コネクタ】 FDD (PC-8801等 2D)

テーマ:

カテゴリー:

PC-8001(mk2以降),PC-8801シリーズ,PC-9801シリーズのフロッピーディスクドライブ(2D 320kB)用のコネクタです。ドライブ側(PC-80S31以降)も同じです。

PC-8001, PC-8031(PC-80S31より前)も信号は同一ですがコネクタが異なります。

外付けドライブユニット内にCPU,FDC等を持ったシステムなので、FDDインターフェイスとは言ってもCPU間の双方向パラレル通信路でしかありません。8255 PPIのポートがそのまま出ているので、FDDを使用しないなら汎用ポートとして使用することも可能でした(もちろんメーカ保証外です)。

ピン 信号 備考 ピン 信号 備考
1 PB0 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPA0 19 PA0 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPB0
2 PB1 20 PA1
3 PB2 21 PA2
4 PB3 22 PA3
5 PB4 23 PA4
6 PB5 24 PA5
7 PB6 25 PA6
8 PB7 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPA7 26 PA7 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPB7
9 GND 27 PC4 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPC0
10 GND 28 PC5
11 GND 29 PC6
12 GND 30 PC7 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPC3
13 GND 31 PC0 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPC4
14 GND 32 PC1
15 GND 33 PC2
16 GND 34 PC3 信号名は本体側8255のピン名 FDD側はPC7
17 GND 35 RESET
18 GND 36 GND
参考文献・関連図書: 
坂本俊夫・玉川昌克・山内直(1983)『フロッピディスク活用ハンドブック PC-80S31』秀和システムトレーディング.
アスキー出版局テクライト編(1990)『新版 PC-9801シリーズ テクニカルデータブック』アスキー.