現在地

思い出・昔話

16進の表記方法について

カテゴリー:

今回からしばらくはちょっと趣向を変え、ソフトウェアについて書いてみたいと思います。1回目は「ソースコード等に16進を記述する際の記述方法」です。

  • (F300)16
    コンピュータを離れるとこれが一般的でしょうか。
    ただコンピュータ以外で16進表記を使うことはあまり無いので、昔数学か何かでやったはずですが完全に忘れていました。さすがに当時の教科書は残していないと思うので、当時の表記方法が同じだったのかはわかりません。
  • 0xF300
    C言語をはじめ最近の言語では一般的な記述方法ですね。
    「x」をつけずに「0」で始まると8進だとみなされます。私は8進なんて使わないという人でもこれは知っておく必要があります。桁をそろえるなどの理由で「012」などと書くと(12)10ではなく(12)8=(10)10と解釈されるからです。
    定数「0」は実は8進定数として処理されているのだとか。結果は変わらないですが。

    今ではアセンブラもこの記述方法が多いです。

電磁カウンタ と秋葉原の思い出

カテゴリー:

またも懐かしいものが出てきました。

電磁カウンタ
これは電磁カウンタと呼ばれるものです。電気のパルスを数えるものですが、今や電子式(液晶やLED表示)に置き換わってしまい、このような機械式は珍しくなりました。

これは3桁のもので、左のボタンを押すことで「000」にリセットすることができます。

私のプリンタ遍歴

カテゴリー:

個人的に(つまり自宅で)使ってきたプリンタたちです。
ポケコン用の小さなものやワープロ内蔵のものなどを除いたメインで使っていたものだけを挙げています。

  1. NEC NK3618-21
    初めて買ったこれは主にBASICプログラムやZ80アセンブルリストの出力に使っていました。

    10インチ幅のドットインパクト式のプリンタです。連続紙の使用時はトラクタユニットが必要なのですが、買えないのでそのまま使っていました。丁寧に紙をセットしても何十枚もプリントしていると少しずつズレてきてしまうので時々セットし直してあげる必要があり不便ではあるのですが、初めてもったプリンタということで当時はあまり気にしていませんでした。

私のプログラミング言語遍歴

カテゴリー:

いつもモノのことばかり書いているので、時には「私」についても書いてみようかと思っています。
題して「私の~遍歴」、第1回はプログラミング言語についてです。

これまでに個人的にも業務としてもいろいろなプログラミング言語を使ってきました。既存のプログラムをちょっと修正したようなものまで含めるとかなりの数になってしまうので、ある程度使い込んだものを並べて見ました。

  1. BASIC
  2. 私が初めてパソコンに接したのは1982年のことですから、BASICから入ったのはごく自然な流れでした。一部の例外を除いてパソコンを買えばBASICは入っている時代でしたから、まずはそれを使ってみることになります。

NEC PC-8001mk2 (外観編)

カテゴリー:

今回ご紹介するのはNEC製のパソコン、PC-8001mk2です。

PC-8001mk2
本体が別にあるのではなく、これが本体です。このようなキーボード一体型(キーボードの下にメインの基板が配置されています)は当時一般的なものでした。もちろん本体とキーボードが分離されている機種も存在していました。逆に本体にキーボードもモニタもカセットデッキも一体になっているものもありました。

基本的なスペックを挙げると以下のようになります。

ページ