現在地

偽物を掴まされた!?


テーマ:

カテゴリー:

ある方よりμPD71055が偽物ではないかとのご指摘いただきました。
確かにこれは中国より調達したものなので可能性はあります。それで手持ちの他のものと比較しようと探したら、もっと怪しいのがありました。

uPD71055C
これがそうなのですが、「NEC」のロゴが変ですね。他の文字ならともかくロゴを間違えるなんてあり得ないです。それから「JAPAN」も大きすぎる気がします。

uPD71055C (前に紹介したもの)
これは以前紹介した(指摘のあった)ものです。言われてみれば2016年製なら「RENESAS」でなくてはおかしいですね。

本物と比較したいところなのですが、旬な時期には8255ばかりでμPD71055は使わなかったので持っていないのです。

買ったのを憶えていないだけで、ある日発見される可能性もありますが。(これまでの例からして可能性高いかも)

分解写真等に写っていないか探してみるしかないですかね。秋葉原で買おうとしたら1つ2000円もしたので買いませんでした。
あとは同じファミリのμPD70108, μPD70116, μPD71051などと比べてみるのでもよいかもしれません。

あと、動いたからといって本物の証明にはなりませんが、動作させる環境を早く作って動かしてみたいというのもあります。

ところで、半導体の偽物ってどんなものがあるのでしょう?

  1. デタラメなダイが入っている・ダイが入っていない
    外形だけで全く動作しないもの。完全なゴミですが、すぐにわかるという点ではまだ被害が少ないかもしれません。
  2. 本物のランクを変えたリマーク品
    PCのCPU等で180MHz版を200MHz版に書き直してあるという奴です。オーバクロック状態ですが一応動いてしまったりするので気付かないかもしれません。
    パワーデバイスで電流容量の大きなものに書き換えられているなどという危険なものも。
    DIPのμPD71055Cにはより高速のμPD71055C-10しかないのでこれは考えにくいです。
  3. ダイもコピー品
    信頼性や互換性の問題があっても一応は動作するので、これもすぐには気付かない可能性が高いです。
    すぐに馬脚をあらわすようではわざわざダイをコピーした意味がありません。
  4. その他

動かしてみれば1ならわかりますが、2,3はわからないでしょうね。

関連項目: 

コメント

71055の偽物なら中身が82C55やnMOSの8255の可能性がある気がします
8255なら熱くなるの判りますが、82C55なら気付き難いかも知れません
中身が82C55-10なら動作は問題無さそうですが、何だか損した気分になりますね

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
※ コメントは原則公開です。個別のご相談などは「ご意見・ご要望」からお願いします。