現在地

アナログ・デバイセズ


テーマ:

カテゴリー:

資料の捜索していたらアナログ・デバイセズの石がいくつか出てきました。

AD533KD
一つ目はAD533KDです。だいぶ腐食が進んでいますが型番は何とか読めます。

「K」は誤差のランクを表し、±2.0%の「J」・±1.0%の「K」・±0.5%の「L」があります。末尾の「D」はセラミックDIPを表し、他にメタルカンの「H」もあります。

上のは2行目のデートコードが判読困難ですが、まとまって出てきたことから下と同じく「7833L」ではないかと思われます。

このAD533ですが、データシートによると「Low Cost IC Multiplier, Divider, Squarer, Square Rooter」とあります。乗除算・平方・平方根の演算器なのですが、社名からも想像できるようにアナログの演算器です。

内部は乗算器と差動アンプから構成されています。

  • 乗算の場合は乗算器をそのまま使います。
  • 乗算器の入力を共通にすれば平方が計算できます。
  • 乗算器を負帰還ループに入れることで除算が可能です。
  • 同様に平方器を負帰還ループに入れれば平方根が求められます。

この4種はデータシートに回路例が記載されています。さらにAD533を2つ使えば立方根なども計算できそうなのですがどうでしょうか?

裏側
裏側を見ると香港製でした。

端子部分のメッキの形状が異なっていますね。デートコードが共通だろうと考えたのは早計だったのかも。

AD537KD
これはAD537KD、「Integrated Cirucuit Voltage-to-Frequency Converter」と呼ばれるものです。

いわゆるVFO(Variable Frequency Oscillator)の一種なのですが、入力の電圧と出力の周波数のリニアリティが高いのが特徴です。

アナログ値の伝送や絶縁に主に使われるみたいですね。アナログのままではノイズに弱いですし、周波数に変換すればホトカプラで容易に絶縁できますから。

裏側
裏側には「5C」とありました。意味は不明です。

ピンの根元がC面になっていますが、何の意味があるのでしょう?

AD582KD
最後はAD582KD、「Low-Cost Sample-and-Hold Amplifier」です。裏側には特に表記もなかったので写真は省略します。

このようなものを必要とする計画を立てたこともありませんので廃棄品をもらったのではないかと思います。

そもそも気軽に買えないほど高価なモノだったはず、ということでちょうど手元にあった1985年4月号のトランジスタ技術誌の広告から探してみました。

  • AD533JH : 約5,000円
  • AD537JH : 約3,000円

ランク・パッケージ違い品ですが、これ単価ですからね。

参考文献・関連図書: 
AD533データシート, Analog Devices.
AD537データシート, Analog Devices.
AD582データシート, Analog Devices.

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
※ コメントは原則公開です。個別のご相談などは「ご意見・ご要望」からお願いします。