現在地

Sharp MZ-731 (外観編)


テーマ:

カテゴリー:

あらかた掘り尽してしまい大物は残り少なくなってきました。今回はその中の一台です。

MZ-731
SharpのパソコンMZ-731です。セミキットだったMZ-80Kに連なるシリーズの一員で、MZ-80K → MZ-80C → MZ-80K2 → MZ-80K2E → MZ-1200 → MZ-700 → MZ-1500と続いた中の後期のモデルです。

それまでモニタ・データレコーダ一体型だったMZシリーズの中でこれが初めてモニタを分離したモデルになります。そのおかげか標準状態でカラーに対応したのも初めてだったと思います。
ちなみにMZ-1500ではデータレコーダをやめてQD (Quick Disk)を採用しています。

MZ-700には基本となるMZ-711、711にデータレコーダを搭載したMZ-721、721にプロッタプリンタも追加したMZ-731の3機種が存在しました。これは全部入りのMZ-731です。右奥にデータレコーダを、中央奥にプロッタプリンタを搭載していますね。これらは後から追加することもできました。

キーボードの配列も独特なものになっています。見慣れない記号も多いですが、確か文字コードも普通のASCIIではなかったと思います。
カナの刻印がキートップではなく前面になっているので上から見るとスッキリしていますね。

MZ-731 前面
前面にはカナの他にグラフィック文字の刻印もあります。他社ではグラフィック文字は刻印されていないことが多く、サードパーティからキー前面に貼るシールなどが販売されていたものです。
NECのPCシリーズ等ではよく使う漢字として「年月日時分秒円」の7文字がグラフィック文字に入っていましたが、これには「生」のほか曜日を表す文字もあります。

他にもUFO・人・ヘビなどの記号も表示できた記憶があるのですがどうやるんだったかな。
普通の文字コードの他に表示用のコードもあって、そちらに入っていたような気もします。

MZシリーズはあまり使った記憶がなく、これも後になってジャンクとして入手したくらいなので、わからない点が多いです。

MZ-731 背面
背面の左端上段の「RF」はRFモジュレータの出力で、これをテレビのアンテナ端子に接続することで外部入力端子の無いテレビにも接続できるようになっています。「VIDEO」はコンポジットビデオの出力です。間にスイッチが2つあって、左がCH2 / CH1の切り替えです。それぞれの地方で放送に使われていないほうに切り替えて使用します。

RF出力をテレビに接続する際にはアンテナは外し、決して並列に接続してはいけません。さもないと画面を近所に「放送」してしまいます。
昔ASCII誌の読者欄にそれで近所の人にデバッグされた話がありました。

「B/W - COLOR」の切り替えはカラー信号を切るスイッチ、カラー信号は滲みの原因になるので切れるようになっています。
その右には専用モニタのためのディジタルRGBの出力もあります。

下の段にいくとCASSETTEのREADとWRITEの端子、DINコネクタにまとめている機種が多い中で分かれています。内蔵のデータレコーダとの切り替えはどうするのでしょう?

プラのフタはJOYSTICK、1,2とあるので2つあるのでしょうが、このサイズだとどんなコネクタでしょう? フタが固くて壊しそうなので分解したときに確認することにします。

I/O BUSとPRINTERはそのままですね。フタを外すとカードエッジになっていました。さらに右にはVOLUMEのツマミとRESETボタンがあります。

電源のコネクタは2ピンのメガネでした。

MZ-731 底面
底面のラベルには「MZ-731」とかかれており、データレコーダとプロッタプリンタは後付けではなかったことがわかります。


コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
※ コメントは原則公開です。個別のご相談などは「ご意見・ご要望」からお願いします。