現在地

LOCTITE


テーマ:

カテゴリー:

今日のは電気とは無関係です。LOCTITEというとネジの頭にちょっと付けるネジロック剤が有名ですが、こんなものもあります。

LOCTITE 271
これはLOCTITE 271、ネジ部品用とありますが頭に付けるのではなくてネジ部に塗ります。それをねじ込むと硬化するというものです。

ラベル
嫌気性接着剤は空気を遮断すると硬化する性質があることからそう呼ばれます。

なので塗っただけでは硬化せず、ねじ込むことで硬化します。はみ出た分は空気に触れたままで固まらないので簡単にふき取ることができます。

容器の中で固まらないように容量にかなりの余裕を持たせてあるようです。

LOCTITE 601
もう1本ありました。

なぜこんなものを持っているかというと、フライスマシンを買ったりしていた頃に旋盤やフライスの本を読んでいて紹介されていたからです。

一般的な接着剤って少し使って残りを保存しておこうと思っても固まって使えなくなってしまうことが多いです。そんな時に勝手に固まらない接着剤ということで買ってみたというわけです。

もちろんこれにも使用期限はあります。

作業中にも時間をあまり気にしなくて良いのもありがたいですね。

欠点ももちろんあります。まず密着しないといけないので隙間を埋めるようなことはできません。金属にしか使えないというのも大きな制約です。

当時は売っているところもあまりなく入手が難しかったのですが、今は通販で簡単に手に入るようになりました。


コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。