現在地

あいち航空ミュージアム


テーマ:

カテゴリー:

出発直前にオープンを知って急遽行くことにしました。

あいち航空ミュージアム
これは入口ですが、左端に自動改札機のようなものが見えています。搭乗ゲートのようにチケットのQRコードを読み込ませて入るようになっています。こんなところも雰囲気を作っているのですね。

10式艦上雷撃機
入ると100の名機の模型が迎えてくれます。

これは10式艦上雷撃機の模型、日本にも三葉機があったんですね。
世界ではリヒトホーフェンの乗機、フォッカーDr Iが有名です。

すべて同じ 1/25 の縮尺で作られているので大きさの比較がしやすいです。

MH2000
三菱製のMH2000ヘリコプターのカバー等を外した状態の展示もあります。

コックピット機器
コックピット機器といえば普通は計器板とか操縦桿でしょうが、本サイトらしいものを選んでみました。

テンキーの配列が電話タイプになっていますね。あとE,N,S,Wに丸が付いています。ということは緯度経度の入力用⇒INS(慣性航法装置)でしょうか。

零式艦上戦闘機
歴史的な航空機の展示、零式艦上戦闘機です。

県営名古屋空港
この博物館は県営名古屋空港に隣接しています。屋上の展望デッキからは空港全体を見渡すことができます。今回は残念ながら望遠レンズは持ってきていませんでしたが、持っていれば撮影場所としていいかもしれません。

すぐ近くにMRJの組み立て工場もありました。予約すれば見学できるのですが、人気が高いようでほとんど埋まっていました。機会があれば見てみたいですね。


コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。