現在地

C-Bus

NEC PC-9801F2 (分解編 その1)

カテゴリー:

分解編をお送りしますが、まずは拡張スロットのボードからです。

1枚目メモリボード 表面
2枚のボードが挿してありましたが、これは1枚目です。

下2列の左側にはμPD4164C-2 64k×1bit DRAMが18個でパリティ付きの128kBのRAMです。
下から3列目・4列目はμPD4164D-2で同じく64k×1bit DRAMのセラミックパッケージ品、こちらはソケットに入っています。
右下のDL701はディレーラインでしょうか。メーカ製のメモリボードでもDRAMのタイミング生成には遅延回路等が当たり前のように使われていました。

NEC PC-9801F2 (外観編)

テーマ:

カテゴリー:

中学のときに学校にあった懐かしいマシン、もちろんこれは後日入手したものです。

PC-9801F2
初代PC-9801の次に発売されたPC-9801シリーズの初期のものです。8MHzの8086に128kBのメインメモリは初代と同じですが、この機種からグラフィックVRAMが2面に拡張されており、またJIS第1水準の漢字ROMも内蔵しています。

NEC PC-9861K RS-232C拡張インターフェース

テーマ:

PC-9801シリーズ用のシリアルポートの増設用ボードです。本体に1ポートありますが、このボード1枚でポートを2つ増やすことができました。

PC-9861K 表面
スイッチやジャンパピンが多いですね。アドレス等をずらして複数枚挿しできるかと思ったら駄目みたいです。

PC-9801用カセットインターフェイス

テーマ:

カテゴリー:

これはPC-9801用のカセットインターフェイス、PC-9801でカセットテープ使っていた人いたんですね。


調べてみたところPC-9801用のカセットインターフェイスにはPC-9801-03とPC-9801-13の2種類があったようですが、違いがよくわかりません。なのでこのボードがどちらなのかは不明です。

外部コネクタはDIN 8pinのみで、赤(録音用マイク端子)・白(再生用フォーン端子)・黒(リモート端子)に枝分かれしたケーブルを接続して使います。PC-6001, PC-8001, PC-8801シリーズとこのケーブルは共通のはずです。
コネクタの左に見える黄色いモノはリモート用のリレーですね。
右側の白っぽい大きなモノはアナログ回路のフィルムコンデンサでしょうか。