現在地

依佐美送信所記念館 (その2)


テーマ:

カテゴリー:

昨日は送信機のメイン部分を書いたので、今日は操作パネル類です。

操作卓
これは小部屋の中にあった操作卓です。

普段は閉めているようですが、中も見せてもらえました。

パネル
操作卓の後ろは壁一面がパネルになっています。

この送信所には元々2セットの機器があったのですが、保存されているのは1セット分です。しかしこのパネルは2セット分残っています。中央の角型メータの左側がNo.1の分、右側には同じものが対称に並んでいます。

メータやランプ、ハンドルなどが並んでいます。その中に真空管のようなものもあります。

リレー
よく見ると真空管ではなくリレーでした。

パネルには「SUBRELAY」と書かれています。SUBがあるのならMAINもあるはず。実は前の写真の四角トビラの中に入っていました。

「DANGER」「HIGH PRESSURE」「DO NOT OPEN」とちょっと物騒なことも書いてあります。不活性ガスでも充填されているのでしょうか。

送風器操作盤
これは送風器操作盤です。

トリプラ磁化用電動発電機操作盤
これはトリプラ(周波数三倍器)磁化用電動発電機操作盤です。

トリプラは鉄心を故意に飽和させることで波形を歪ませるのですが、そのためには鉄心に巻いたコイルに直流電流を流す必要があります。この直流電流も電動発電機で作るので、その操作盤ということになります。


コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。