現在地

タヒボベビーダ


カテゴリー:

なんと未開封のタヒボベビーダが出てきました。


大昔にJR東海商事が発売していた飲料です。取り扱いがJR東海ということで東京近辺で買えるのは東京駅の新幹線ホームのみ(品川に新幹線が止まるようになったのは後のことです)、一部の者はわざわざ入場券を買って買出しに行ったとか。
一般的には不味い飲み物として認識されていた(罰ゲーム用ドリンクとか)ようですが…、私は好きでしたね。


こんな文句が書かれていました。

「タヒボ」は、インカ帝国の時代より“神からの恵みの木”と崇められてきた南米の天然樹木茶で何世紀にもわたって飲み続けられてきた大変貴重な健康飲料です。

大変貴重なものがコカコーラなどと同じ値段で売られていたわけで、大変お得な飲料だったのです。


「清涼飲料水」扱いです。原材料名にはしっかり「タヒボ」が記載されています。


まだステイオンタブになっていません。そういえば昔はあちこちにプルタブが落ちていましたね。


最後に底面の賞味期限表示ですが、「920123」ということは24年過ぎているということか。
いろいろな意味でもう飲めないですね、「貴重なものを勿体無い」とか「変質していて危ない」とか。