現在地

Universal Monitor SBCシリーズ用バイナリ


カテゴリー:

昨日のコマンド一覧に引き続きソースコードをと思ったのですが、まだ整理が途中なので vintagechips さんのSBCシリーズ用のバイナリを先行で公開することにします。

  1. unimon_SBC6303_20190603.hex
    SBC6303用
    プログラムは$E000から配置されています。ワークとスタックは$00C0~$00FFに配置されています。
  2. unimon_SBC6800_20190603.hex
    SBC6800用
    プログラムは$E000から配置されています。ワークとスタックは$00C0~$00FFに配置されています。
  3. unimon_SBC6809_20190603.hex
    SBC6809用
    プログラムは$E000から配置されています。ワークとスタックは$1F00~$1FFFに配置されています。
  4. unimon_SBC8080_20190603.hex
    SBC8080用
    ワークとスタックは0FF00H~0FFFFHに配置されています。

これ以外の SBCZ8 などはまだ持っていないのでありません。

ROMへの書き込み方法などはそれぞれの技術資料を参照してください。TL866Aがモトローラ形式を扱えないようなので全てインテル形式としています。

ソースコードはMITライセンスにする予定ですが、今回のバイナリについては再配布禁止とさせてください。もちろん無保証です。

2019年6月9日 追記:
ソースコードを公開しました。
SBC6303用とSBC6800用にはバグが見つかっていますので、ソースコードとともにある修正版の利用をお勧めします。

参考文献・関連図書: 
鈴木哲哉(2018)『SBC6303技術資料』
鈴木哲哉(2017)『SBC6800技術資料』
鈴木哲哉(2017)『SBC6809技術資料』
鈴木哲哉(2018)『SBC8080技術資料』
広告: 

コメント

動作報告ありがとうございます。
ソースからビルドできるのであればSTACKを移動したほうが良いかもしれません。内蔵RAMにとっているので今のままではあまり余裕がありません。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。